初めての方へ

1.E.S.S.とは
English Speaking Society の略で、英語を楽しんで学ぼうというサークルです。でも決して勉強系のサークルではないみたいです。
高校までの英語と違って、読んだり書いたりではなく、話すことを中心にしていますから、実際に話すことが活動の基本です。
それに楽しくなければ語学って身につかないと思うし、長続きしませんよね。

E.S.S.には1,2年生とOBを含めてたくさんの仲間がいるので、友達づくりの場としてもオススメです。
それに英語っていうコミュニケーションの道具を身につけるのは、いろんな人と交流するためでもあるでしょう。
E.S.S.というサークルは全国に広がっていて、関東だけでも60以上のE.S.S.があります。
うちのE.S.S.としても、全国のかなりのE.S.S.と交流があり、大会などで関東・関西・東北などにたくさんの友達をつくることが出来ます。

活動に参加していれば、自然に会話力はついてくるはずです。
しかもそれを楽しみながら、友達をつくりながら、っていうのがサークルであるE.S.S.の特徴でもありますね。

2.各セクションの活動
うちのE.S.S.には5つのセクションがあります。
実際、どのセクションに所属するかは秋に決めるので、それまでは自由です(それ以降も自由ですが)。

ディスカッションテーブルを囲んでおしゃべりします。
ドラマ英語劇をします。
スピーチ自分の好きなテーマでスピーチをします。
ディベート英語で弁論をします。
プラクティカル・イングリッシュうちの大学独特。ガイドが活動の中心。

3.E.S.S.の全体活動について
セクション活動とは別に、E.S.S.全体としての活動です。昨年の場合を見てみましょう。
新歓コンパ(4月) 1年生の親睦を深めるための飲み会です。ここでもたくさんの友達をつくりましょう。
ESSの飲みは例年それほど激しくはないので、飲めないひとも安心です。
新歓合宿(5月)1年生を迎えての合宿です。この合宿では全てのセクションの活動を体験することができてとても充実した合宿です。
Short Play Festival(6月) 別名「小ドラ」。毎年1年生だけでも80〜90人の参加者があります。
もちろん1年生は全員キャストとして舞台にあがってもらいます。 でも台詞もそれほど多くないので、劇が苦手というひとも心配いりません。
スポットライトを浴びたいひとも大歓迎ですよ。
夏合宿(8月) 非常に大きなイベントです。6日間も英語を中心とした活動が目白押し。
疲れて帰ってくるけどそれに見合っただけの充実感と能力UPがあることでしょう。
駒場祭(11月) 全国的にも有名な学園祭です。E.S.S.としても毎年出店しています。去年はおしるこ。
1年生が中心となって運営して、さらに絆を深めてください。
改選総会(1月) 早い話が、2年生の追い出しコンパです。
全活(1月) 各セクションが企画して、全員で参加します。
春合宿(3月) 新学年だけでの初めての合宿です。

他の大規模イベントとしては・・・
皐月ディスカッション (Dis/5月) UT主催の大規模な大会です。
フレッシュマンスピーチコンテスト(Spe/6月) 学内のスピーチ発表会。みんな緊張するだろうけどがんばろう。
エクスチェンジディベート(Deb/6月) 上智大学とのジョイント大会。初心者でも十分たのしめますよ。
サマープロダクション(Dra/8月) 一年生がキャスト、スタッフの大部分を占めるプロダクション。
夏合宿で発表。かなり本格的。
秋合宿(Deb・Dis/9月) Deb・Disの強化合宿。ディベートの試合に出る人は参加必修。
Disもポリシーをみっちりやる。英語力がつく。
京都ガイド(Pra/9月) 京都まで行ってガイドをする。関東から他の大学も誘って行く。
京都外大、同志社女子大、帝塚山学院大との合同ガイド。
帰ってくると関西弁がうつっていることに気がつく。
ハロウィーン(Dis/11月) 東大主催のディスの大会。value。参加者がすっごく多い。
TIAF(Dra/12月) ドラマの本公演。かなりのハイレベル。駒場小劇場で行います。
一般客も入りますし、雑誌にも広告を載せます。
東京ガイド(Pra/3月) 東京のガイドしている地域を、京都外大、同志社女子大の人たちを招いてガイド。
東京の大学も呼びます。
関西遠征(Dis/3月) ディスカッションをしに関西へ行く。東京ガイドの参加者にまた会える。
スプリングプロダクション(Dra/4月) 新歓合宿で発表する劇。当然、新2年生だけでつくります。

4.E.S.S.に慣れた、という人

・ランチョンに行こう
一番正確な情報が得られます。また参加希望の旨はその時きちんとチーフに伝えておくと楽です。
1年生同士なかよくなったり、2年生ともなかよくなったりで、活動がさらにたのしくなりますよ。

・各セクションの掲示板を見よう
各セクションの掲示板にも大会やイベントの最新情報がのっています。急な変更時に便利です。
1年生も遠慮なく書き込みしてみましょう。きっとやさしい(?)先輩とかが返事をしてくれることでしょう。

・メーリングリストを参照しよう
小ドラ(Short Play Festival)の後はメーリングリストによって行事の配信が行われます。
メールはこまめにチェックしましょう。

5.ランチョンとは
お昼に555教室などでみんなでお昼をたべます。お弁当とかパンとかもってきてください。
おしゃべりをするんですが、日本語です。
後半で、インフォメといって活動の予定などをお知らせします。
ここだけのはなし、シケプリもかなりまわっちゃうかも?

戻る